お客様の声
髪が濡れたまま寝るのはまずいですか?

 

A.はい。髪に良くない要因は多いです。

 

髪が濡れたままで寝ることによって起こる良くない事 4選

 

1 髪が傷む

濡れたまま寝ることで、髪のキューティクルが開いた状態

になるので髪の強度が低下します。

 

寝ている間に枕や、髪の長い方は体とマットレスで髪が

擦れる為、髪にダメージが出ます。

 

意外と摩擦ダメージは大きなダメージになります。

 

 

2 頭が臭くなる

 

髪が濡れたまま寝ることにより

雑菌がわき「臭い」が出ます。

頭が臭くなります。

 

3 ヘアカラーの色落ちが早い

 

濡れた状態の髪は、キューティクルが開いた状態になる為

髪の内部に入ったヘアカラー色素が外に出る(退色)ので

色落ちが早くなります。

 

4 くせが出やすくなる

 

自然な状態で髪の水素結合が再結合するためくせが出やすくなります。

乾かすときにドライヤーと櫛で(ブロー)髪を整えながら乾かすことで

まっすぐや、形作ったカールに形が再結合するのでくせがまとまります。

 

まとめ

いかがでしたか?

乾かさないで寝ることは簡単ですが

濡れた状態で寝るデメリットが多くあります。

ドライヤーで乾かして寝ることをおすすめします。

髪のダメージが気になる方は「低温」で乾かしましょう。

●今すぐWEB予約する

●電話予約する

●ニュースレターに登録する

カテゴリー: BLOG