朝の手入れを楽にしたい!

縮毛矯正をいろんな店でやってみたけど

 

「何が違うんだろう?」

 

 

そんな経験の方も多いのではないのでしょうか?同じメニュー名「縮毛矯正」でも実はやり方の違いや裏事情があるんです。そんな縮毛矯正の違いをご紹介致します。

 

縮毛矯正の違いがあるってホント?

 

美容師一人一人の技量・知識量で違いが出ます

お店によって1種類~5種類程度の薬剤を髪質に合わせて塗分けるお店が多いそうです。
薬剤の種類の違いや、薬剤の値段の違いもございますが、一番仕上がりに左右するのは

髪の状態を判断し
どの薬剤を使いどの部分にぬり
どの程度時間を置くか
どんな工程で施術するか
どんな機材を使うのか
機材の使い方はどうするか
などの美容師一人一人の考え方が最重要になります。

 

お店でやり方が統一されてるんじゃないのかな?

とお思いかもしれませんが、大体の流れは統一されてるお店もありますが

 

どうしても個人の技量や知識量で差があるという裏事情もあります。

 

考え方や施術方法は基礎知識があっても、施術の数や経験年数で培われていくものでもあり、施術数や経験年数が多いほど、安定した施術が受けられます。

 

 

当店はお客様一人一人のくせに合わせるため現在「薬剤10種類」×「技術工程24パターン」×「くせに合わせてアイロン4種類を使用」計960パターンからお客様の要望と髪質に合った施術を「縮毛矯正の施術例2000件以上」「経験年数10年以上のスタイリスト」があなたの髪を担当致します。

縮毛矯正予定の静岡清水の女性の髪はLUGAHAIRにお任せ下さい!

 

カテゴリー: BLOG