他サロンに行ったとき、「前と同じで」と言ったのになんか違う。。と思ったことはございませんか?

 

実は、気のせいではなく前回と本当に違うこともあるんです。

 

あるある1 担当者がいい加減なタイプでカルテを記入しない

実はカルテを記入しない、いい加減な美容師は男女ともに意外といます。
今回は忘れたではなく、毎回つけていない方も。。
謎です。理由はわかりません。いい加減なだけだと思います。

 

 

あるある2 「他のスタイリストに負けたくない」又は、「あなたに興味がない」

スタイリストが2人以上いるサロンのでのあるあるです。
スタイリスト人数多いサロンほど、この傾向は強い気がします。

「後輩には抜かれたくない」「先輩をさっさと追い越したい」「あいつにだけは負けたくない」
と指名売上や指名人数を口に出さなくても心の中では争っている方が男女ともに多々います。
競争社会なので「気持ち」は大切だと思います。

ですがそんな中で、一部のスタイリストが
「自分の指名客以外のカルテはわざとつけない」ということもあります。
理由は、自分のライバル(負けたくない)スタイリストが担当したときに記録が残っていると指名になりやすいと考えるからです。
他には、「そのお客さんには興味がないから」という個人的な都合の場合も。

もっとも危険なスタイリストは、自分以外のスタイリストがミスするように「嘘の記録をカルテに残す」なんてことも。

 

 

でも、当店(LUGAHAIR)なら安心です!

 

当店はお客様一人一人すべてが大切なお客様です。
一人一人の薬剤記録は残しているので「前と同じで」というオーダーも安心です!
あなたの薬剤カルテが残っていることでそこから「少し変える」ということも可能です。
10代や20代~60代女性はもちろん、70代以上の女性の方も是非当店にお任せ下さい。

 

カテゴリー: BLOG