実は色々!縮毛矯正・ストレートパーマの種類

 

あなたは縮毛矯正の技術に種類があるのをご存知ですか?

メニューに「縮毛矯正・ストレートパーマ」と書いてあっても

実はお店によって施術方法が違います。

 

施術方法が違う=効果(結果)が違う

ということです。

 

今回は、よくある施術・めずらしい施術・最新の施術をご紹介致します。

 

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの違いは、

一般的には施術工程で

アイロンを使用するかしないかの違いです。

 

 

ストレートパーマの工程

1 還元剤(1液)を塗布後、しばらく放置する。
2 還元剤を洗い流した後、乾かす。
3 髪に酸化剤(2液)を馴染ませ、しばらく放置する。
4 酸化剤を洗い流した後、乾かす。

 

縮毛矯正の工程

1 還元剤(1液)を塗布後、しばらく放置する。
2 還元剤を洗い流した後、乾かす。
3 ヘアーアイロンをかける。
4 髪に酸化剤(2液)を馴染ませ、しばらく放置する。
5 酸化剤を洗い流した後、乾かす。

 

クセを伸ばす強さと持続性と縮毛矯正の種類

 

ストレートパーマ 

【くせの伸びと持続性★】

≪ルーガヘアーで施術可能≫

薬剤のみでの施術。

クセは一時的に伸びるがすぐ戻る。

施術によりできたパーマウェーブを落とす効果はあり。

 

ブロー縮毛矯正(ブローストレートパーマ)

【くせの伸びと持続性★★】

≪ルーガヘアーで施術可能≫

ヘアアイロンの代わりにドライヤーとブラシで施術する技術。

ヘアアイロンよりもドライヤーは温度が低いためくせの伸びは

弱い。

 

低温縮毛矯正

【くせの伸びと持続性★★★】

≪ルーガヘアーで施術可能≫

アイロンの温度を下げて施術する技術。

通常の縮毛矯正よりアイロン温度が低い分

くせの伸びと持続性は弱いが、ダメージが軽減できる。

 

酸性縮毛矯正

【くせの伸びと持続性★★★】

≪ルーガヘアーで施術可能≫

還元剤(1剤)が酸性または弱アルカリ性で

ある為、薬剤の効果が弱いので髪には優しいが

その分、クセの伸び持続性は低下する。

 

縮毛矯正

【くせの伸びと持続性★★★★★】

≪ルーガヘアーで施術可能≫

通常の縮毛矯正。

くせの伸び、持続性は高いが

その分ダメージが出やすいので

お客様の毛髪状態により、他の縮毛矯正技術との

組み合わせが必要。

 

【最新!】スチーム縮毛矯正

【くせの伸びと持続性★★★★★】

≪ルーガヘアー限定のオリジナル施術≫

通常のヘアアイロンは

高温のチタンやセラミック素材の金属で

髪をはさみます。

フライパンでお肉を焼くように

毛髪表面が毛髪内部より一番熱が高くなり

毛髪の表面が一番傷みます。

 

スチーム縮毛矯正は

ルーガヘアーオリジナルの

「スチームヘアアイロン」を

使用するため、毛髪表面と毛髪内部の

温度差を少なくでき

くせの伸びと持続性を維持しながら

毛髪ダメージを減らせます。

 

 

 

お店の場所はこちら

 

●今すぐWEB予約する

●電話予約する

●ニュースレターに登録する

カテゴリー: BLOG