お客様の声
洗い流さないトリートメントは使った方がいいですか?

 

はい、必ず使った方がいいです。

ヘアカラーされていない方も、縮毛矯正やパーマをかけていない方も

ショートヘアの方もお子様も

すべての女性におススメします。

 

洗い流さないトリートメントの効果や種類について

ご紹介致します。

 

洗い流さないトリートメントの効果

 

① 髪の引っ掛かりが少なくなる。

 

洗い流さないトリートメントをつけることで髪がコートされ

髪のひっかりが少なくなります。

 

引っ掛かりが少なくなることで、

日々の「引っ掛かり・摩擦による」ダメージが

減るので毎日使用することで効果が上がります。

 

② 髪のパサつき、乾燥が抑えられる

 

洗い流さないトリートメントを使用することで

髪に水分や油分が保持される為

パサつきや乾燥を抑えられます。

 

③ ドライヤーや紫外線によるダメージを抑えられる

ドライヤーの熱や日光による紫外線は髪のダメージになります。

洗い流さないトリートメントを使うことで髪が保護される為

日々のダメージ予防につながります。

 

④ 髪に嫌な匂いがつきにくくなる

 

実は、髪のダメージが進めば進むほど、匂いが吸着しやすくなります。

嫌な臭いが髪に吸着させない為にも、洗い流さないトリートメントは必須です。

 

洗い流さないトリートメントの種類

 

① オイルタイプ

【ダメージレベル ★☆☆☆☆~★★★★☆】

オイル状の洗い流さないトリートメント。

少量で伸びが良く、引っ掛かりが一番気になる方に最適です。

ツヤが出やすいです。

 

② ミルクタイプ

【ダメージレベル ★☆☆☆☆~★★★★★】

保湿効果が高いためパサつきを抑える効果が◎

引っかかりが気になる方・ツヤが欲しい方

はオイルの方がおすすめですが

総合的に見てミルクタイプの方がハイダメージ毛に

むいています。

 

③ ミストタイプ

【ダメージレベル ★☆☆☆☆~★★★☆☆】

スプレイヤー容器のミストタイプなので

手が汚れない◎つけるのが簡単◎なのが特徴です。

ミドルダメージまでの方におすすめです。

 

洗い流さないトリートメントの付け方

お風呂で髪を洗ったあとタオルドライしてから

髪が濡れているとき

手のひらでよく伸ばし毛先から根本に向かってつけましょう。

付けた後はクシで均一に伸ばすと更に効果的です。

塗布量は髪の長さやダメージにより異なりますが

1~2プッシュ位が目安です。

 

まとめ

いかがでしたか?

洗い流さないトリートメントは

お風呂の中で使うトリートメントと同じくらい必須アイテムです。

あまり傷んでない方やショートヘアの方、お子様の髪にも

おすすめですので毎日つけることをお勧めします。

●お店の場所はこちら

●今すぐWEB予約する

●電話予約する

●ニュースレターに登録する

カテゴリー: BLOG